平成30年4月より「永興藤尾こども園」となりました

当園の取組み

ホーム > 当園の取組み > 食育への取組み

食育への取組み

感謝の気持ちでいただきます!

「いただきます」は私たちが生きていくために命をくれた野菜、魚、肉や手間をかけた人たちに対しての感謝を表す言葉です。
「ごちそうさま」は、多くの生き物の命を"ごちそう"になり、また良い"ごちそう"を食べられたことへの感謝の言葉です。
給食では、この感謝の気持ちを大切にし、子ども達に教えています。

給食

旬の食材を使い、だし(昆布、カツオ、干ししいたけ)をきかせて薄味でもち味を生かすことを大切にしています。みんなが同じものを食べて、おいしさを共感することで、「いろいろなものを食べる力」につながります。

※アレルギー食も対応しています。

給食の風景
メニュー例
※クリックすると大きく表示します
  • 給食写真1
  • 給食写真2
  • 給食写真3
  • 給食写真4
  • 給食写真5

クッキング保育

調理前と調理後の味や香りの変化を体験するたびに子どもたちは、見た目の変化と相まってクッキングの不思議と楽しさに出会うことができます。
みんなで協力して作ったおやつは、とっても美味しくお友達との連帯感も生まれます。 この経験が、ご家庭でお手伝いするきっかけになっています。

子どもたちの調理風景
調理一例

ごぼうクッキー

まかろにきなこ

【材料】

ごぼう 小麦粉 砂糖 油 ベーキングパウダー

【作りかた】
  1. 1.ごぼうを洗い、細かく切って下茹でする。
  2. 2.粉類を振るい、砂糖・油を入れて混ぜ、よくこねる。
  3. 3.ごぼうを入れてこねる
  4. 4.麺棒で伸ばし、型抜きをする。
  5. 5.180度のオーブンで12~15分焼く。

タケノコご飯

まかろにきなこ

【材料】

精白米 タケノコ 人参 生椎茸
調味液(しょうゆ みりん 砂糖 鶏がらだしの素 ごま油)

【作りかた】
  1. 1.具を小さく切る。
  2. 2.調味液と1の具を混ぜる。
  3. 3.アルミカップに自分の分を入れて、蒸し器で約40分蒸す。

秋の味覚パイ

まかろにきなこ

【材料】

さつま芋 かぼちゃ りんご 砂糖 餃子の皮

【作りかた】
  1. 1.さつま芋・かぼちゃ・りんごの皮を剥き、約5mm角に切る。
  2. 2.鍋に1のさつま芋と砂糖3gをひたひたの水で煮て、さつま芋餡を作る。
  3. 3.かぼちゃとりんごもさつま芋と同様にして、かぼちゃ餡とりんごジャムを作る。
  4. 4.餃子の皮に234の餡をのせ、皮のふちを水で濡らして皮を半分に閉じる。
  5. 5.230度に温めたオーブンで5分程度焼く。

野菜作り

園の菜園は、子どもたちの喜びと笑い声に満ちあふれています。楽しみながら自分たちで育て、出来がよかったと歓喜し、おもしろい形の野菜が出来たと笑い…
季節ならではの味わい(旬)を楽しむことで、命や自然のめぐみを感じます。

子供たちの菜園風景
菜園の風景
※クリックすると大きく表示します
  • 菜園写真1
  • 菜園写真2
  • 菜園写真3
  • 菜園写真4
  • 菜園写真5

献立表をひと工夫

成長に欠かせない栄養を十分に摂取する

園児に合わせて、どの栄養素をどれだけ摂れば良いかを計算し、栄養や食材をバランス良く取れるように献立を考えています。
また、献立では旬の食材を使用し、季節にあった献立を提供できるようにしています。

バランスの献立表

そしゃく力を育てる

噛む力が落ちているという今の子どもたちに、食材の選び方や切り方を考え、良く噛んで食べる工夫をしています。
そして、乳幼児期は薄味を心がけます。
人は3歳くらいまでに基本的な味を覚え、その後さまざまな味や香りを経験することにより、味覚が完成すると言われています。
そのため、乳幼児期のうちから濃い味のものばかりを食べていると、味覚が鈍感になってしまいます。こども園では、薄味を心がけ、かつお、昆布や干ししいたけなど、天然の出汁を使って食材の旨みを味わえるようにしています。

バランスの献立表

いろいろな味を体験する

酸味や苦味といった味は、子どもたちは苦手です。しかし、成長とともに食べられるようになり、「おいしい」と感じるようになります。子供の頃からいろいろな味を体験し、味覚の幅を広げられるようにしています。

バランスの献立表
  • 保育教諭募集中
  • 見学・体験/オープンスクール
ページの先頭へ